ブログトップ

heima

bigsur.exblog.jp

since Jan 27,2010

お気に入りの十首(横雲さん)

横雲さんの御歌からお気に入りを選んでみました。

007:驚   一面に金盞花(きんせんか)咲く広畑に賑はふ声の驚ろしきかな
013:逆   芽吹きたる柳の風を逆髪と見ゆるは吾の心なるらし
016:力   山を抜く力のあるや雛罌粟(ひなげし)の想ひ深かり吾は咲きなむ
035:むしろ 別れ来て衣かたしくさむしろに形見の桜ひとひら溢(こぼ)る
043:輝   陽を浴びて梔子(くちなし)の花咲き初(そ)むる白き輝き吾に注ぎぬ
049:敷   振る舞ひを敷女(しきめ)めくとも見ゆるかに捩花(ねぢばな)ひとつ置きて帰り来
065:酢   酢漿草(かたばみ)の触るれば爆(は)ずる実の如く君が言葉に涙の散りぬ
071:籠   籠鳥の雲を恋ふかに眺むかな槻群(つきむら)の色日々変わり行く
082:苔   苔に散る紅葉うつくし散る恋のなどて悲しく秋の更け行く
095:樹   散り果てし公孫樹(いちやう)になおも風止まずはや冬の空むなしく広し
[PR]
by ken_1997 | 2012-03-14 02:56 | 題詠(鑑賞)