ブログトップ

heima

bigsur.exblog.jp

since Jan 27,2010

お気に入りの十首(みずきさん)

人の真似をして、題詠ブログ2012を完走された方の御歌から十首ずつ選んでみようと思います。

みずきさんの御歌からお気に入りを選んでみました。

001:今   今を急く時間(とき)も心も雪のなか白き夕べのなほ遙かなる
013:逆   逆光のなかの私は消えさうな玻璃の指紋をなぞり確かむ
015:図書  図書室をひかりが奔り少年は黙す指(および)を透かしつつ読む
032:詰   思ひ詰め春怨といふ寂しさに海とほく見る三月の青
039:蹴   水を蹴る鳥の啼きゐしあかときが湖(うみ)の底まで青く降りたる
056:晩   晩春の水の感触しづくして眠りを覚ます日曜の午後
062:軸   花軸よりあぢさゐの海広ごりて人来ぬ夜を静かに濡らす
078:査   診査する臓器の触るる脈動に耳透かしをり遠く雪降る
085:甲   掌(て)の甲を翳せば白く影ろひて雪降るらしき雲の落ちくる
093:条件  この条件(くだり)違(たが)へぬ恋の誓ひとふ浜木綿の丘返す春濤
[PR]
by ken_1997 | 2012-03-13 06:09 | 題詠(鑑賞)